生き別れた母親捜し

こんにちは(^^♪

にじいろ探偵事務所です!

今回は
人捜しをテーマに
お話していきますが
人捜しにも様々な種類があります。

[aside type=”warning”]事件に巻き込まれた
可能性が高い場合は
警察に依頼することを
おススメいたします。[/aside]

その中で今回は
以前調査事例であった

「生き別れた母親」

を対象とした調査について
お話していきます。

依頼内容はこのようなものでした。

両親が幼少期に離婚。
ご依頼主様(表記Aさん)の親権は
同性である父親が獲得したため
母親とはこの時点から
生き別れになりました。

数年後に父親は再婚。
Aさんは継母により育てられました。

継母はとてもいい人で
何不自由ない生活を
共に過ごしたそうです。

ある時Aさんは
結婚をすることに。

式の準備などに追われ
せわしない日々を送っていました。

準備が進むにつれ
幼少期の写真などを
捜していると
たった1枚のみ
実母とAさんが映り
笑っている写真が
でできたそうです。

その写真を目にしたとき
ふと今何をしているのか?
と頭によぎったそうですが
その時は深くは
考えなかったそうです。

そんな矢先、
父親は病気を患い他界。

突然の出来事でした。

結婚式の段取りも進んでいましたが
様々な事に配慮し、
一時式は延期することに。

その際も継母は
親身になって
寄り添ってくれたそうです。

色んな事がひと段落し
再び式の再開にむけ
動き出した時のこと。

継母に言われた言葉がありました。

「こんなに立派な姿
お父さんももちろんだけど
本当のお母さんも
見たら喜ぶでしょうね」

と。

Aさんは正直
びっくりしたそうです。

ここまでAさんを育て
どんな時も寄り添ってくれた継母。

血縁関係こそないが
ここまで育て上げてくれた
偉大な人。

そんな人が今、
Aさんの晴れ舞台にむけ
そんな感情を持っていたなんて。

これから家庭を築き
支えていく大黒柱になるAさん。

後日行われた結婚式では
継母に父の写真と出席してもらい
最大の感謝を伝えられたそうです。

そして数年がたったある時、
Aさんが父親になるときがきました。

そんなタイミングに
ふとあの時見つけた
実母との写真を眺め
実母を探してみたいという
気持ちになったそうです。

しかし20年以上も
あっていない実母。

向こうにも新しい生活があり
思い出したくないかもしれない

と思いました。

間が空いているだけに
相手の現在の状況が
まったくわからないため
闇雲に会いたいという気持ちだけで
捜してはいけない、と
思ったそうです。

そんな疑問を抱えながら
わが社にじいろ探偵事務所に
ご相談に来て下さいました。

私たちはそんなAさんに
こんな提案をさせていただきました。

急に探された相手は

恨みを持たれているのではないか?

なにか金銭的援助を
求められるのではないのか?

と警戒する方が多く見られます。
まずは
お母様の現状を知ることから
始めてみてはいかがかと。

調査に入る際の
対象者の情報があまりにも少なく
実際に調査を開始してから
対象者の方が見つかるまでに
少し時間がかかりましたが
無事に見つける事ができました。

Aさんに現状を報告したのち、
後のことは
ご自身で再会にむけて
段取りをしたいと希望されたので
依頼はここまでとさせて頂きました。

後日Aさんからご連絡をいただき
無事に対象者の方と
再会を果たせたと伺いました。

対象者の方にも新しい生活があり、
お互いに深入りすることは
なかったそうなのですが
産んでくれた感謝、
そして自身も父親になったという
報告ができたので
依頼してよかったと
おっしゃってくださいました。

ご依頼の中には
このようにハッピーエンドを
迎えられる依頼だけでは
もちろんありません。

状況によっては
捜し出せない場合もあります。

しかしご依頼主様の
お力になれるよう
24時間365日対応しておりますので
お気軽にお問い合わせください!(^^)!

お問合せはこちら

Follow me!

にじいろ探偵事務所にお任せください!

にじいろ探偵事務所代表
徳井哲也

我が社の顧問は元警視庁警部、調査員はテレビに多数出演歴のあるプロの調査員です。
調査実績1万件以上の調査員と共に長年の経験を活かし、ご依頼主様ひとりひとりのお悩みを少しでも解決できるよう努めて参りたいと思います。

にじいろ探偵事務所ではお客様のご要望に合った方法をカウンセリングにてしっかりと解説をし、お客様がご納得した上で調査を進めて行きます。
もちろんご相談やご質問、お見積もりなどは無料で承りますので不安などありましたらいつでもお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

一歩踏み出す勇気

次の記事

探偵の職業病